[静かな空を求めて] 第2次新横田基地公害訴訟原告団

新横田基地公害訴訟のこれまで

基本情報 / 新横田基地公害訴訟のこれまで

新横田基地公害訴訟のこれまで

 横田基地周辺住民は1976年と1996年に、「静かに眠れる夜」と「被害の救済」を求め、2度にわたり裁判を起こしました。2度目の裁判(第1次新横田基地公害訴訟)は原告約6000人が参加する大規模訴訟でした。裁判の結果、騒音被害を認め国に損害賠償を命ずる判決が確定しましたが、住民の悲願であった「夜間飛行差し止め」は再び認められませんでした。

 しかしながら、国がまともな対策を立てず被害を放置したままのため、東京高裁は、「法治国家のありようから見て立法府は怠慢のそしりを免れない」と司法として、国の被害対策を厳しく批判する判決を下しました。

旧訴訟提訴静かな眠れる夜を返せ
住宅地に撒き散らされる爆音住宅地に撒き散らされる爆音
東京高裁判決

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional